スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実録!! 子どもの権利無視!! 恐るべし密閉空間の暗黒裁判所『松本』1

事件の経過

 この事件の当事者は父親・鶴見氏(仮名)とその息子、腰原正二郎君(仮名)小学5年生、そして鶴見氏の元妻で正二郎君の母親の里枝氏(仮名)です。

 里枝氏は鶴見氏との離婚に先立って、二人の子ども(当時8才と5才)を鶴見氏の下から無断で拉致、引き離しました。

 その結果、里枝氏は二人の子どもの親権獲得しての離婚に成功。

 親権を濫用し引き離しを続ける里枝氏に対して、鶴見氏は計3度にわたる面会交流調停を行いました。。

 しかし里枝氏は何かと理由を付けて、面会を拒否したり、直前で勝手に面会の予定を変更したりして不誠実な態度でした。そのことは父親との面会を楽しみにしていた正二郎君にとって、甚大なる精神的負担を強いていました。

 正二郎君は父親である鶴見氏をかねてより非常に慕っており、父親との面会を何よりも楽しみにすると同時に、常々父親と一緒に暮らしたいと思っていました。このことは里枝氏も知っていたことは記録から明らかです。

 同時に正二郎君にとって、里枝氏の下での生活は、里枝氏の不適切な養育・強圧的対応等により非常に苦痛でした。

 そして意を決した正二郎君は平成22年9月O日、東京の里枝氏の下から逃亡し、長野の鶴見氏の下へ、保護を求めて数百キロの道のりをやって来ました。

 書置きを見てそれを知った里枝氏は、正二郎君を連れ戻すべく鶴見氏の下に押し掛けてきましたが、正二郎君により逆に追い払われました。

 鶴見氏は正二郎君の希望により一緒に暮らすため、東京家庭裁判所に親権者の変更調停を申し立てました。

 これに対し、里枝氏は長野家庭裁判所松本支部に正二郎君の引き渡し請求とその保全処分を求めました。

 すると東京家庭裁判所は、この事件は子どもの居住地が管轄になるから親権者変更調停は取り下げ、長野家庭裁判所松本支部に改めて申し立てるように指導してきました。以上がこれまでの簡単な経過です。

テーマ : 家庭・社会・国の問題を考える
ジャンル : 福祉・ボランティア

親子ネットNAGANOホームページ開設しました

このたび、親子ネットNAGANOのホームページを開設いたしました。
素人でも簡単にできるホームページですので、
見た目も簡単、中身も簡単、まだまだ発展途上なホームページですが、
よかったら一度訪問してみてくださいね。

親子ネットNAGANO HP

テーマ : サイト案内
ジャンル : その他

MICHAEL JACKSON The Lost Children 日本語訳付き .wmv

MICHAEL JACKSON The Lost Children 日本語訳付き

昨年に引き続き、クリスマスに近づいてきたのでこの曲をご紹介いたします。
この曲のタイトル「The Lost Children」というのは、連れ去られた子どもたちという意味もありますが、
今回の動画では、迷える子羊たちとして訳されており、
昨今急増する児童虐待に警笛をならしています。

虐待というのは、目に見える体罰だけを表すものではありません。
ネグレクト(育児放棄)飲食を与えない放棄だけでもありません。
表立って指摘されない、家事放棄や子どもに対する無関心、愛情不足も、
子どもの成長過程に大きな影響を与えます。

自分の利益や欲望だけのために、
元パートナーから引き離し、子どもに洗脳する行為も、立派な虐待です。

出来合の料理を買って来て食べさせ、テレビに子守をさせ、ただ子どもを大きくしただけで、健全に育てたといえるでしょうか。

その被害者である子どもたちがいま、悲鳴をあげています。

テーマ : 家庭・社会・国の問題を考える
ジャンル : 福祉・ボランティア

離婚、別居後の親子の面会交流に関する環境整備を求める意見書《滋賀県》

滋賀県でも下記意見書が採択され、国に提出されました。

離婚、別居後の親子の面会交流に関する環境整備を求める意見書

滋賀県議会動画

相変わらず、現状把握と勉強ができていない議員が居ます。
ここでは共産党
代表者たる者が持論の展開では困るのですが…。
しかし、反対の理由はもはやDVしかないのですよね。
そして、しっかりと話し合えばそれは親子の面会交流を否定する理由にはならないのです。
突き詰めれば、子どもを会わせなくてすむようにとの親権者のエゴが、
子どもの権利に優越されていることが明らかだからです。

ごく普通に考えれば自然で簡単な話です。
親子が自由に会えないなんて、おかしいでしょ?

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

子どもの心に傷大きい「単独親権」 欧米並み「共同養育」急げ

Jcast TVウオッチ

子どもにとって、両親との交流が必要であることを否定できる人はまず居ないでしょう。
子どもにとって両親は、大人になってから必要なのではなくて、大人になるために必要なのです。
そして、大人になっても。

大人を操る子を育てた親も、子に操られる親も、再婚することによって子どもを最悪の状態にする親も、
子どもの成長を理解できずに、子どもに疎外されているなどと感じる親も親として失格でしょう。
しかし、そんな親とでも、子どもには交流する権利があるのです。それが現実だからです。
無かったことにはできないのです。
自分の魂の根源を否定することは、自分の命を否定することです。

離婚相手が嫌だから、自分が寂しくなるのが嫌だからと、子どもを離れて暮らす親に会わせずに拉致し、
子どもから一方の親と交流する権利を奪うという自分中心の考え方で行動をしている親が存在しうるのが今の日本です。

離婚の問題を親子の問題にすり替えて、謝罪や反省を促すこと自体、
子どもを人質にしているのとなんら変わりは無いでしょう。

子どもがこんな目に会うのは、子どもの成長にあったきちんとした親子の交流を法律などで規定もせずに、
子どもを拉致した親の意のままに子どもの人権が侵害される現在の単独親権制が元凶です。
単独でなければ取り合いも無いから、子どもの拉致も少なくなるのでは?

そうした意味で、離婚の件数が多く、それを社会問題として認識して国として対策を施した諸外国の法律は大いに参考になりましょうし、少なくとも日本よりは優れていましょう。
もっとも、子どもを拉致し、子どもの人権を侵害する親にとっては都合が悪いでしょうが。

両親から愛される機会を奪われた子どもたちがつくる国って恐くないですか?

まずは離婚などしないことです。子どもに対する責任として。
しかし、離婚に至った以上は、子どもの権利を擁護することです。
離婚にはお互いに勝手な言い分がありましょうが、夫婦の問題と親子の問題は別です。
生命誕生の根源たる両親との交流の機会は、子どもの独立した権利として保障すべきです。
親に蹂躙されてはいけません。
親がそれを侵害しているのだから、制度として保障するしかないでしょう。
子どもの拉致を許す、単独親権はもはや悪法。
既にそんな時代です。

テーマ : 家庭・社会・国の問題を考える
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。