スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Kさん親子面会謝絶審判」に対する抗議声明

Kさん親子面会謝絶事件
親子ネットNAGANOでは、この問題に対して緊急声明を出します。

●「Kさん親子面会謝絶事件」とは
Kさん(41歳)は、2007年9月に別居後、2008年3月に離婚。当時3歳の息子の親権者は母親とな
りました。婚姻中、Kさん父子は仲がよく普通の親子として過ごしてきました。しかし、その後母親はKさんに
会ったり考えたりすると、母親自身が体調を崩すということを理由にKさんと子どもとの面会を拒否しました。Kさんは母親と会うことを求めているわけではないのです。
子どもへの虐待があるわけでもありません。現在に至るまで1年半もの間、子どもとは会えないままです。
別居時の調停中、裁判所からKさんは、母親が主張した母親自身の精神的な病状について、「離婚すれば落ち着くのではないか」、だから離婚してから子どもとの面会交流を決めればよいとアドバイスされました。しかし今年、2009年3月3日、さいたま家裁茂木典子審判官は、やはり母親の病状を理由に、Kさん親子の面会を認めず、父子の交流は1年間にたった3回の母親からの写真の送付だけでよいという、今時びっくり仰天の不誠実な決定を出しました。

《以下、親子ネットNAGANO声明文

「Kさん親子面会謝絶審判」に対する抗議声明


「Kさん親子面会謝絶審判」に対する声明
 
さいたま家裁の茂木典子審判官は、
Kさんの子どもとの面接の申し立てについて、
間接的な面接交渉」としてわずか年に3回の写真の受け取りを「相当」と述べました。
私たちは、Kさん親子の父子関係を絶った、さいたま家裁の審判結果に抗議します。
子どもの権利条約にも謳われているとおり、子どもには離婚・別居後も両方の親から養育を受ける権利があり、両方の親には子どもを養育する権利と責任があります。そもそも、このような面接交渉の制限を設けるにあたって、何が児童の最善の利益に反するのかが、私たちには全くわかりません。
あらためて述べるまでもなく、離れて暮らす親に子どもとの交流を保障するのは、子どもを引き受けた側の責任です。本来であるならば、精神的な病状の母親に子どもを監護させて、子どもが父親を失うよりも、父親に監護させて子どもには両親を失うことの無いように配慮するべきです。
心身の発達の早い児童期における健全な発 達課題の達成のためにも、頻繁な両親との交流がより重要です。
そもそも今回の離婚調停においては、別居時の調停に際し、母親の精神的な病状について、「離婚すれば落ち着くのではないか」と裁判所自体がKさんに離婚を勧めた経緯があります。それを審判においては、母親の病状を子どもの福祉に優先させて、裁判所は親子関係を絶ちました。
茂木典子審判官は、もしも自分が我が子と年3度の写真の受け取りの面接交渉しか認められなかった場合について、思いを馳せることはできなかったのでしょうか。
今回の審判の決定は、全く他人事であるが故の無責任な決定と言わざるを得ません。
裁判所は今回の無責任な決定を反省し、すぐにこの決定を取り消してください。
それ無くして、裁判所はどうやってKさん親子の生涯に責任を負えるのでしょうか
2009年4月5日
親子ネットNAGANO

賛同いただける方は、件名を『抗議声明賛同』として、「お名前(仮名可)」「肩書き(会社員、など)」を記入のうえ、以下にメールをお送りください。
toukaikariya@yahoo.co.jp
FAXでも受け付けています。
★ 集約先 FAX 042?574?0930(宗像)
★お名前(仮名可)はホームページ、チラシ等で公表し、裁判所に提出します。
 応援者が少ないと、裁判所は耳を傾けません。
 ぜひご賛同おねがいいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。