スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虐待:母に懲役3年を求刑 /福岡

 当時6歳の次男を虐待したとして傷害と保護責任者遺棄の罪に問われた、無職、被告(31)の論告求刑公判が10日、地裁であり、検察側は懲役3年を求刑した。被告側は「子育ての重圧が事件の背景」と寛大な判決を求めた。

 起訴状などによると、被告は内縁の夫、無職、被告(35)=傷害罪などで公判中=と共謀し、昨年2月中旬から次男に十分な食事を与えず放置。2月25、26日ごろ、自宅で次男をビニールテープで木製椅子に縛り、顔面を拳で数回殴り足を金属バットで殴打し、上唇を切る1カ月半のけがをさせた。

 検察側は「2日間にわたって次男を裸で椅子に縛り付け、金属バットで殴るなど残酷で陰湿。内縁夫被告の主導だったが、いまだに内縁夫被告をかばい、真摯(しんし)な反省は見られない」と求刑理由を述べた。母親被告側は「前夫と離婚後、1人で子どもを立派に育てようとしたが自信を失い、内縁夫被告に依存するようになった。犯行を強く後悔している」と主張した。

【毎日新聞 2009年2月11日 地方版】

…母が女になる。
こうなると、子どもの存在が軽んじられることが多々あります。

こんな思いをしてまで、この子はこの家庭にいなければならないのでしょうか?

子どもは同居している家族が嫌がるような言動は絶対にしません。
…殺されてもです。。。。。
様々な児童虐待のニュースの中で、同居の大人や、行政への非難ばかりが目立ちますが…。

この子にはもうひとりの親があるでしょ!?
親の責務は金を払うだけではありません。
子どもを養育する義務もあるはずです。
その義務を果たすこともできず、その絆を断つ日本の制度。

お母さんが、育児に不安を感じたとき、ひとりでがんばる必要はないのではないですか?
本来、この子を最も愛すべき、実の父親…。
この方に相談、協力依頼をすべきなのではないでしょうか?

子どもの権利条約第7条1
 ?児童は、出生の時から氏名を有する権利及び国籍を取得する権利を有するものとし、また、
 できる限りその父母を知りかつその父母によって養育される権利を有する。

子どもの心にはどんな傷が残るのでしょうか…。
「2日間にわたって次男を裸で椅子に縛り付け、金属バットで殴る…」
怖かったでしょう。それでも、監護親の元からは子どもは逃げ出さないのです。
「おとうさん…、たすけて…」
スポンサーサイト

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。