スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松戸の3児死亡火災、母親は出火当時「実はパチンコ中」

(読売新聞 - 01月07日)
 千葉県松戸市の常盤平団地4階で田之口舞さん(23)方が全焼し乳幼児3人が死亡した火災で、舞さんが出火当時の6日夕、パチンコ店に行っていたことが、松戸東署の調べでわかった。
 同署幹部によると、舞さんは当初、「午後3時半に家を出て、松戸市内の病院に行っていた」などと説明していたが、自宅近くのパチンコ店の防犯カメラに舞さんが映っていたことが判明。同署で改めて尋ねたところ、「6日は午前10時からパチンコに行き、午後2時40分に戻った。午後3時10分からまたパチンコに行ったが、言いたくなかった」と話した。家を出る際は、鍵を掛けていた。
 遺体で見つかった3人のうち、長男の翼(たすく)ちゃん(4)と長女の海美(うみ)ちゃん(6か月)の身元は確認された。

母親は男とパチンコへ行っていたそうな…。
業火に息あるままに焼かれる幼子3人。その悲鳴が聞こえますか?
この事件のどこに問題点を見出しますか?
子どもは本来誰によって育てられるべきだったのでしょうか?
第一義的にはその生を受けた実の父と母でしょう。
一緒に住んでいなくたって…。
この夫婦がいかにして別れるに至ったかは知りませんが…。
実の父はこの子どもたちとどのように関わっていたのでしょうか?関われていたのでしょうか?
母がダメでも、父がいれば子どもたちのリスクは半分になります。
両親がダメでも、そのまた両親がそれぞれに居れば、そのリスクはもっと小さくなりますよね。
実の父はこの子どもたちと関わるべきで、それが保障または義務付けられるべきではないのでしょうか?
そうできていたなら…、この子どもたちの助かる確率は高まったのではないでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 親子関係
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。