スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの権利条約第9条その2

3 締約国は、児童の最善の利益に反する場合を除くほか、父母の一方又は双方から分離されている児童が定期的に父母のいずれとも人的な関係及び直接の接触を維持する権利を尊重する。

平成20年11月15日に東京弁護士会館2階講堂クレオBCにて、弁連家事法制シンポジウム 『離婚とこども??こどもの最善の利益を考える?』が開催されました。
私もそこに参加してきました。
そこで、弁護士でもあり、大学教授でもある棚瀬先生がおっしゃっていたことです。
「第9条3には『児童の最善の利益に反する場合を除くほか』とあり、父母の一方又は双方から分離されている児童が、父母との人的な関係及び直接の接触を制限されるのは、極めて例外的なケースである。しかし日本ではこの例外的なケースと一般的なケースの立場が入れ替わってしまっている。つまり、児童の最善の利益に反してもいないのに、児童が、父母との人的な関係及び直接の接触を制限されてしまっているのが問題である」と。

離婚により、子どもは一方の親との人的な関係及び直接の接触を断たれても健全に育つのだとすれば、より強大な国家を作り上げるためには、全てを体外受精とし、誕生した子どもは肉親から引き離し、それぞれの肉親からは養育税を徴収する。そして優秀な国家機関で教育すれば優秀な人材ができるはず。
しかし、それは皆さん否定するでしょう?
女は子どもを産む機械ではないなんて、大騒ぎしていたのも記憶にまだ新しいでしょう。
両親の健全な愛情なしに子どもの幸せはなく、ひいては国家の繁栄もない。
子どもには、愛してくれる父も母も必要なのです。
少なくとも、どちらも生きているのなら、最善の利益に反していないのならば、会わせた方が良い。
そうではないのかなぁ。
その根拠も今後示していくことになると思います。


2009.1.5投稿文
スポンサーサイト

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。