スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子に会う願い断たれた母

信濃毎日新聞の朝刊紙面(35面)に、佐藤記者のルポルタージュが掲載されています。
昨晩記者から連絡がありました。
残念ながら私は新聞をとっていませんので、まだ直接は確認しておりません。
そのうち当事者と面会する予定です。
「連れ去り」「引き離し」問題解決に協力していきたいと思います。

元の事件はこちら

刺殺動機語らず 元妻殺害から1週間 (朝日新聞)
2008年05月20日

 いわき市四倉町で派遣社員の菅野由美さん(当時33)が、
元夫の会社員菅野義美容疑者(35)に殺害された事件から19日で1週間。
2人は子どもの親権を巡ってトラブルになっていたとされるが、
菅野容疑者はなぜ、早朝に待ち伏せして車で体当たりして足止めし、
刺殺するという激しい怒りを抱えていたのか。
いわき中央署は事件の全容解明を進めているが、
菅野容疑者は肝心の動機については今も「下を向いて黙り込んでしまう」状態だという。

 12日早朝、JR四ツ倉駅近くの住宅街。
調べでは、早朝から待ち伏せしていた菅野容疑者は、
自分の車を由美さんの軽乗用車に数回ぶつけて止めた。
車から降りると、自宅から持ってきた包丁で由美さんの背中や腹部を数回刺したという。

 由美さんは昨年1月に菅野容疑者と離婚。
親族によると、きっかけの一つとして06年4月、
口論の末に菅野容疑者から「殺してやる」と包丁を突きつけられ、
家を飛び出したことがあったという。

 由美さんは離婚に際し、2人の子どもたちと1、2カ月に一度会うことを条件として、
菅野容疑者が親権者となることに合意した。ところが面会を約束した日になると、
「子どもの具合が悪い」「用事ができた」といって拒否されたという。

 親族は、由美さんから「会えると思ったのに、会えなかった」
とさみしい声で電話を受けたことがあったと語る。

 16日、実家のある長野県上田市であった由美さんの告別式に
子ども2人が参列することはなかった。
親族は「事件の翌日から菅野容疑者の実家に、
子どもたちだけでも参列させてほしいと何度も連絡した。
が、取り合ってもらえなかった」と唇をかんだ。

 由美さんは離婚後、いったん長野県に戻ったが、
「子どもたちに会いやすいように」と昨年3月にいわき市に移った。
親族によると、親権者を自分の側に変えるよう菅野容疑者と交渉していたという。

 一方、菅野容疑者は調べに対し、
「しつこく子どもへの面会や親権を求められた」
「慰謝料なども要求されていた」
などと供述。
子どもの養育をめぐる問題でトラブルになっていたことがうかがえるが、
事件当日に菅野容疑者の両親も泊まっていた富岡町の自宅を午前5時前に抜け出し、
出勤する由美さんを待ち伏せした理由などについては多くを語っていないという。

 菅野容疑者の父親は取材に対し、
「2人のことについては聞いても語らなかったし、
当日の朝も起きたらすでに出て行ってしまった後だった」
と話している。


一瞬にして母親を失い、その母親を殺害した容疑者として父親も失った子ども。
愛する人に愛したい人を殺され、その両方を同時に失ったその無念さをわかってあげてください。
亡くなった母親とすらも未だ会うことを許されない。
全うな考えを持つ大人が周囲には居ないのでしょうか。
これはまさに児童虐待です。
他人だからといって、家庭不介入などとして放っておくことが、子どもにとって良いことなのでしょうか。
児童虐待には通報義務があります。
それならばこの事件だって例外ではないはずです。
恐らく亡くなったお母さんのご両親だって、お母さんに代わって、
お母さん同様に子ども達を愛してくれるはずです。
その機会を大人が奪って良いものでしょうか。

この子どもにとっての加害者は、父親だけではありません。
「連れ去り」「引き離し」に協力をした大人達、それに無関心な大人達、そして社会だと思います。
私は悔しくてたまりません。
スポンサーサイト

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

記事を転載させていただきました。

こんにちは。いつもお世話になっております。
記事を転載させていただきました。
ホント、今の私には他人事とは思えなくって。
事後承諾のような形で申し訳ありません。

どーぞご自由に、むしろ喜んで!(^^)v

大事なことです。みんなに知ってほしいことです。却って、よろしくお願いします。

事件から一年が経ちました

はじめまして、突然の書き込み失礼致します。

この事件から、今日で1年が過ぎましたね・・・
このご家庭、うちの娘が幼稚園時代に一番仲良しだったお子さんのご一家なのです。

まさに『他人事』ではなくて、事件後、可能な限りお子さん達の行く末や
身元について調べましたが、事件の内容からも、
他人ではなかなか知りうることが出来ませんでした。

でも今年のお正月になって、うちの子から送った年賀状に返事が来まして、
結局現在も父親のご両親と暮らしているようです。


よく知っているご家族でした。
幼稚園の発表会や、運動会では一緒に応援した事もありました。

現在我が家は、主人の転勤で県外に引越してしまい、
裁判の傍聴も、父親の裁判の行方も、情報がなかなか手に入りません。
また、同じ日に四川の大地震があり、ニュース自体も埋もれてしまっているようで、
この事件について覚えている人も少ないようです。

いたしかたなくネットで検索していて、こちらの記事を見つけ、
ついコメントさせていただきました。

余計なお世話かもしれませんが、私は今後もこの一家のお子さん達を
遠くから見守り、必要ならば保護もしてあげたいと思っております。
こうして、事件を忘れず記事に残してくださる方がいらっしゃるのは、
本当にありがたいことです。

宜しければ、私のブログに一部を転載しても良いでしょうか?
子供を虐待して殺してしまう親が次々ニュースになる昨今、
「子供に会いたくて会いたくて仕方なかったのに、
会えずに殺されてしまった母親がいる」という事を
世の中に知らせたいと思います。

Re: 事件から一年が経ちました

コメントありがとうございます。

この事件を知る人からの書き込みを非常に嬉しく思います。
ましてや、我が事のように思い、具体的に動いていらっしゃる方とのこと。
そんな真に子どもの未来を案ずる気持ちを持った人と、こうして関われて光栄です。

私は今もなお、父親の両親に、母親を悪者として吹き込まれ続けている子どもに、どうにかその子どもを愛して止まなかったお母さんが居たことを、そのために命を失った母親が居たことを知ってもらい、一日も早くその墓前に参ってほしいと思っています。
自分を愛した母親がちゃんと居たことを知ることは、決して子どもたちにとって悪いことではないはずですから。
そのために、ご遺族にも今後も協力をし続けたいと思っています。
ですから、日和さんにの様な方の存在は非常に心強く思っています。

ブログへの転載は大歓迎です。
私は、この問題を、単に「酷い男も居たもんだ」で終わらせたくはないのです。
親子の生き別れを当然に認めてしまう社会制度。
しかも、日本において極めて特殊な社会制度。
ここに光を当てなければ、今後も訳もわからぬうちに一方的に片親を奪われてしまう子どもたちの不幸は減らないと思っています。

どうか、今後ともよろしくお願いします。
また改めて、メールの方をいただければありがたいです。
日和さんのブログも訪れてみたいですし。
プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。