スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子の交流の時間って大事なの?1

世の大人の感覚と言うのはどうなってしまっているのだろうか。
本当にこれで良いと思っているのだろうか…。

離婚後に自由な交流がかなわない親子に対して、
親らしさを充分に発揮できないような場所(家庭裁判所や弁護士事務所など)で、月に二、三時間の交流って…。
普通なのですか?
親子ですよ!! 
もしも離婚前の家庭で、一方の親がそれだけの時間しか子どもにかかわらなかったとしたら、どれだけ非難されるのでしょうか。
厚生労働省は何と言うのでしょうかねぇ?
おそらく、子どものためにもっと関わりなさいと言うでしょう。
子どものためにもっと関わることが必要なのですよって。
それが、両親が離婚した途端に月に二、三時間の交流って…。
両親が離婚すると、子どもにとって、一方の親との交流はその程度で充分な理由って何ですか?
子どもにとっては、何も変わらずにあって欲しいものではないのですか?
親子の絆って…。
スポンサーサイト

テーマ : 家庭・社会・国の問題を考える
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。