スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れ再婚について7

私的なこと…。
私は親権を持っていません。
拉致により自由に交流ができない我が子は、私の戸籍に在籍していません。
そして、私の氏でもありません。
だからといって、連れ子を養子にするつもりはありません。
よく、「新しく家族ができたんだからいいじゃない?。子どもは子どもでうまくやるから自分の幸せ考えなさい?。」って言う人がいます。
気持ちはわかります。
拉致された子どもについて思いを馳せた経験のない方にはわかりにくいでしょうけど…。
それもまた大人目線なんですよね。
子どもは物ではないのだから、自分のところに持っていればそれで満足と言うものではない。
だから、連れ子の戸籍に他人である私の名を刻むのは、我が子や連れ子、連れ子の実父の意見を良く聞いてからにしたいと思っています。
だから、連れ子と養子縁組はしません。
今の妻との婚姻届を出したとしても、妻と連れ子の氏を合わせるために最悪『入籍届』をしたとしても、『養子縁組』はしないでしょう。
連れ子にしてみれば、自分の戸籍の中に父と母以外に他人の名前が連なるのってどうかと思うのです。
そして、拉致された我が子にしてみれば、いつの間にか私が勝手に兄弟をつくったということになりましょう。それも気の毒かなって思うのです。
権利は同じで、血はつながらない兄弟…。
私の死後に仲良くする可能性は低いでしょう。
こんな利害さえなければ、協力できた人同士なのに…。

ポイント5 氏を変える手段は養子縁組だけではない。

スポンサーサイト

テーマ : 親子関係
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。