スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両親に愛されている安心

ゴールデンウィーク。
私自身はまたしても調停での取り決め不履行で、子どもとは会えませんでした。
会わせてもらえないとわかっているならばまだ良いのです(ぜんぜん良くないけど…)。
会わせるかもしれないとしながら、結局会わせない
これは明らかに子どもを使った嫌がらせです。
こうして私のゴールデンウィークは待機。
何も予定を入れられないのです。

仕方がないので、女手ひとつで9人のお子さんを育てるママさんと会ってきました。
旦那様を突然無くされて、当時9番目の子は乳飲み子。
そんな中、本当に前向きに明るく過ごしているママさんでした。
そのママさんが一番努力していること。
それは、如何に亡くなった夫の存在を子どもたちに植え付けるかということ。
つまり、実体が無くとも、存在は失わせない
実体は無くても、両親に育てられている両親で育てている、そのことをしっかりと子どもに理解させることでした。
子どもにとってはその安心感がどれほど大切なものか。
テレビでも放映されているその家族を見ればよくわかるでしょう。

なぜそのママさんと私たちがつながりを持ったか…。
皆さんにもご理解いただけたかと思います。
そのママさんは言っていました。
「両親が生きているということは、私の子どもたちから見れば、とっても羨ましい。それをどうして引き離そうとする親がこんなに多いのか。私が親子の絆を紡ぐためにこんなに苦労しているのに、それをいとも簡単に切り裂く大人。そしてそれを認める社会制度に疑問を感じるとともに、現在すでに露見しかけている、それが故の社会の歪に危機感を覚える。」

そのママさんは多忙の中、世の中の子どもたちに両親との絆の大切さを伝えようと、一冊の絵本を作りました。
『たいせつなもの』
実は隠されたこのママさんの思いが詰まったこの絵本、いつかこのブログでも斡旋させていただきますね。
まだ普通には買えませんから…。
スポンサーサイト

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

いろいろ繋がりができてますね。当事者じゃない理解者がいるということは,本当に心強いです。これからもどんどん‘絆,を広げて下さい。

大阪の事件は取り上げようと思ったんですが,酷過ぎて気持ちが萎えました。

Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございます。

この問題は、しっかり話をすれば、理解されない人は少ないですね。
その結果がヤフーのアンケート結果にもつながっていると思います。

大阪の事件は酷過ぎますが、この事件の源にもやはり「引き離し」問題があるわけで、決して「酷い事件」として報道されるだけではなく、風化させずにその根源を追求する必要があると思いました。
たまたま、その人が酷い人だったのではなく、そうであっても子どもが救われる術はあったはずだと。

こうした、被害者と私たちが結びつくことも大切だと考えています。
プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。