スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪・女児遺棄、日常的に虐待…妹転居後に集中か

小学校4年、聖香(せいか)さん(9)が行方不明になり、聖香さんとみられる遺体が発見された事件で、今年1月まで同居していた双子の妹(9)が、母親の無職の容疑者(34)(逮捕)らから「頭を殴られた」「ご飯をもらえなかった」と大阪府警に話していることがわかった。同月には、聖香さんが顔にあざをつけて登校、母親容疑者の内縁の夫の無職の容疑者(38)(同)にたたかれた、と教諭らに話していたことも判明しており、府警は、両容疑者による虐待が日常的に行われていたとみて死亡経緯との関連を調べる。


 捜査関係者によると、妹は昨年12月下旬、聖香さん、母親容疑者とともに、内縁の夫容疑者らが住むマンションに入居したが、今年1月中旬、実父宅に戻った。


 今月7日に聖香さんの家出人捜索願が出された後、府警が妹に聖香さんと同居時の生活状況を尋ねたところ、「悪いことをすると頭を殴られた」「一日中ご飯を食べさせてもらえない罰を受けた」と話したという。


 一方、聖香さんは1月中旬、左ほおのあざに気付いた教諭らに「(内縁の夫容疑者らに)たたかれた。ご飯をたべさせてくれず、寝かせてくれないこともある」と説明。学校側が確認すると、母親容疑者は「聖香はうそをつく癖がある。あざは(何かに)当たっただけ」と述べたという。


 聖香さん宅マンションについては、昨年末から今年3月下旬頃まで、昼夜を問わず、女児の泣き声や男のどなり声、壁をたたく音などが頻繁に聞こえていた、との証言も近隣住民から複数、府警に寄せられている。


 府警は、聖香さん宅で、ネグレクト(育児放棄)を含む虐待行為が常態化していたとみており、妹の転居後には、矛先が聖香さんに向けられ、今回の事件につながった可能性が高いと判断。


 24日朝から、遺体発見現場の墓地で現場検証をするとともに、同日午後、母親、内縁の夫両容疑者と、その知人で無職の容疑者(41)(逮捕)を送検、詳しく調べる。

(2009年4月24日 読売新聞)

*********************************************************************************

大阪の女児不明 実父がきょうビラ配り 「聖香、早よ帰って」


両親の離婚を経験する子どもたちの、その後が最善の福祉に適い、最善の利益を受けられているかどうか。

その実態を、皆さんはご存知ですか?

聖香ちゃんのような両親の離婚を経験する幼い子どもたちが、なぜ命を落とさなければならないのか、ご存知ですか?

面接交渉という言葉と、その本当の意味を皆さんはご存知ですか?


スポンサーサイト

テーマ : 悲しいニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。