スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの心に傷大きい「単独親権」 欧米並み「共同養育」急げ

Jcast TVウオッチ

子どもにとって、両親との交流が必要であることを否定できる人はまず居ないでしょう。
子どもにとって両親は、大人になってから必要なのではなくて、大人になるために必要なのです。
そして、大人になっても。

大人を操る子を育てた親も、子に操られる親も、再婚することによって子どもを最悪の状態にする親も、
子どもの成長を理解できずに、子どもに疎外されているなどと感じる親も親として失格でしょう。
しかし、そんな親とでも、子どもには交流する権利があるのです。それが現実だからです。
無かったことにはできないのです。
自分の魂の根源を否定することは、自分の命を否定することです。

離婚相手が嫌だから、自分が寂しくなるのが嫌だからと、子どもを離れて暮らす親に会わせずに拉致し、
子どもから一方の親と交流する権利を奪うという自分中心の考え方で行動をしている親が存在しうるのが今の日本です。

離婚の問題を親子の問題にすり替えて、謝罪や反省を促すこと自体、
子どもを人質にしているのとなんら変わりは無いでしょう。

子どもがこんな目に会うのは、子どもの成長にあったきちんとした親子の交流を法律などで規定もせずに、
子どもを拉致した親の意のままに子どもの人権が侵害される現在の単独親権制が元凶です。
単独でなければ取り合いも無いから、子どもの拉致も少なくなるのでは?

そうした意味で、離婚の件数が多く、それを社会問題として認識して国として対策を施した諸外国の法律は大いに参考になりましょうし、少なくとも日本よりは優れていましょう。
もっとも、子どもを拉致し、子どもの人権を侵害する親にとっては都合が悪いでしょうが。

両親から愛される機会を奪われた子どもたちがつくる国って恐くないですか?

まずは離婚などしないことです。子どもに対する責任として。
しかし、離婚に至った以上は、子どもの権利を擁護することです。
離婚にはお互いに勝手な言い分がありましょうが、夫婦の問題と親子の問題は別です。
生命誕生の根源たる両親との交流の機会は、子どもの独立した権利として保障すべきです。
親に蹂躙されてはいけません。
親がそれを侵害しているのだから、制度として保障するしかないでしょう。
子どもの拉致を許す、単独親権はもはや悪法。
既にそんな時代です。
スポンサーサイト

テーマ : 家庭・社会・国の問題を考える
ジャンル : 福祉・ボランティア

「離婚と親子」オフィスアワー《カウンセリング》のご案内…定例会方式の変更

strong>親子ネットNAGANO「離婚と親子」オフィスアワー《カウンセリング》のご案内
 2010年5月より、定例会の開催方法を改め、相談会形式へと変更いたしました。ご意見などありましたらお気軽にお申し出下さい。

【主な相談内容】?離婚が関係する親と子の悩み全般
 ・子どもと会えなくなってしまった!!
 ・親と会えなくなってしまった!!
 ・離婚後の親子関係の悩み
 ・ステップファミリー(子連れ再婚)の悩み
 ・お母さんとお父さんが離婚!!
 ・お母さん(お父さん)が再婚!!

 それぞれの問題の当事者でもあるスタッフが、離婚が関係する悩みを抱える人のお話を聞く機会を設けます。
事情を傾聴した上、可能な情報の提供や助言を行います。 もちろん秘密は厳守です。 
大人も子どもも気軽に連絡してください。
 ・スタッフ指定、性別の指定も可能
 ・女性の相談者には、リラクゼーションサロン『Rosewood』の心身を共に癒すアロマセラピーの施術も可能です。
  (別メニュー)
 ・宿泊(別メニュー)も可能なので、遠方からでも心身のリフレッシュに、リゾート感覚でお越しください。

【 開設日 】 毎月第3土曜日13時30分?16時30分《基本》 (変更の際は事前にブログ等でお知らせします。)
【 場    所 】  親子ネットNAGANO事務局(長野県白馬村)または、電話相談(スカイプ対応)も可能。
        《出張相談所の開設(別メニュー)も可。》
【 料    金 】 無料 ただし、運営協力費として1時間1,500円、1時間を超える場合は1時間毎に500円の加算
        (子どもからの相談は運営協力費は不要です。)
      ・ 会員に関しては一律1,000円の運営協力費をいただきます。
      ・ いずれの場合も24時間前までに予約をしてください。
       (子どもからの相談で、緊急の場合には、予約なしでも可能な範囲で対応します。)
      ・ ご予約の上オフィスアワー以外の時間でも、対応いたします。
      ・ 法的なご相談は、専門家に直接お問い合わせいただくことをお薦めします。

【お申し込み/お問い合わせ】
《直通メールアドレス》 kodomokenri@gmail.com
《ブログメールフォーム》 http://oyakonetnagano.blog8.fc2.com/
または 050-3468-3743 (親子ネットNAGANO事務局)
まで下記の内容をお知らせください。
 ?お名前
 ?メールアドレス
 ?簡単な相談の内容
 
 

テーマ : 家庭・社会・国の問題を考える
ジャンル : 福祉・ボランティア

記者の目:離婚と親子のかかわり=反橋希美(大阪学芸部)

記者の目:離婚と親子のかかわり=反橋希美(大阪学芸部)
 ◇別居親との面会は子の権利??反橋希美(そりはし・きみ)

 離婚すると夫婦は他人。では親子は??。離婚後に離れて住む親と子のかかわりを考える企画「親子が別れる時?離婚を考える」を5月、本紙くらしナビ面に連載し「離婚しても親子は親子」と必ずしも言えない現状を報告した。離婚後の子どもの心と体を育てるのは養育費と、離れて住む親と会う面会交流。親権者さえ決めれば離婚できる現在の協議離婚制度から、この二つを取り決めてから離婚する仕組みに改めるべきだ。

 この問題に関心を持ったきっかけは自分の離婚だった。当時、私が親権を持った長男は3歳、長女は8カ月。子を元夫に会わせるには私が連れて行かねばならない。元夫と顔を合わせるのは気まずいが「親子の交流は必要」と考え、離婚時に養育費と併せ面会についても話し合った。だが周囲は、上の世代ほど「なぜ会わせるの」と困惑した。

 国が5年ごとに実施するひとり親世帯の調査で、養育費の支払率は約2割(06年)。極めて厳しい数字だが、同調査で面会交流は実施状況すら把握されていない。「離婚=縁切り」というイエ制度からの離婚観がいまだに根強いことを肌で感じた。
 ◇違う価値観知り、たくましく育つ

 父母の一方から分離されている児童が定期的に父母のいずれとも人的な関係および直接の接触を維持する権利を尊重する??。日本が94年に批准した子どもの権利条約の文言だ。欧米では80年代ごろから離婚の増加とともに子どもの福祉を重視する潮流が生じ、離婚後も両親が子の養育にかかわる「共同親権」が広がった。子どもは普段は一方の親と暮らすが、隔週2泊3日程度、別居親と過ごす。

 日本は一方しか親権を持てない単独親権制だ。面会交流は近年、裁判や調停で広く認められるようになってきたが「子が嫌がっている」と親権者が強く拒否すれば、却下されることも少なくない。書類の親権者欄にチェックを入れるだけで協議離婚が成立する現行制度で、面会交流を取り決めている人は少ない。

 面会交流が広がらない一番の要因は、子が別れた親に会う意義を見いだせないと考える人が多いからではないか。

 私は、多くの場合、親子の交流は意味があると思う。幼いころに親の離婚を経験した男性(39)は祖母に「母は死んだ」と育てられた。成長し祖母との閉鎖的な関係に悩んでいた時、母の生存が分かり、離婚理由を聞いたことが生きる力を取り戻すきっかけになった。「テレビの再会番組みたいな劇的な感動はない。でも何かふに落ちた」という男性の言葉が印象的だった。

 離婚家庭の子どもたちが交流し助け合うグループの運営にかかわる東京国際大の小田切紀子教授(臨床心理学)は「一概には言えない」としつつ「別居親と交流がある子は同居親といい関係が築ける傾向がある」と話す。両方の親の価値観に接すると、同居親と過度に依存し合ったり、逆に反発が集中しにくくなる。

 親子の面会を援助する家庭問題情報センター(東京)の山口恵美子さんは「あんな父親でも会わせる意味はあるの」と相談してくる母親に「あなたは完ぺきな親?」と問う。山あり谷ありの面会を経て、たくましく育つ子たちを見てきた経験から「反面教師でも、親を知ることが自我形成につながる」と確信しているという。私も同意見だ。
 ◇「共同親権」の原則化は疑問

 では共同親権を導入すべきか。私は選択肢としてならよいが、原則化には賛成できない。理由は「会わせられない」人の存在だ。離婚原因に家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス=DV)や精神的虐待を挙げる人は少なくない。今でも調停や裁判で面会を命じられてもうまくいかないケースが多々ある。欧米のように、安全な面会援助施設や、離婚前後の両親の相談に乗る機関の整備が先決だ。

 当面の手立てとして参考になるのが、離婚観が近い韓国だ。養育費支払いと面会の方法を取り決めた計画書を裁判所に提出しなければ離婚できない。離婚時に作成した書類で養育費取り立ての強制執行もできる。08年以降に法が改正された結果だが、現地の専門家は「親たちの意識が変わってきた」という。

 韓国方式の導入にはそれなりの公費投入が必要だが、効果はある。離婚後、何年も紛争が続くほど対立が激しい夫婦は全体から見れば少数で、一時の感情で交流のきっかけを失っている人たちも相当数いる。前述した施設や機関の整備を進め、「養育費と面会交流は子の当然の権利」との認識が広まれば、スムーズに交流できる人も多いはずだ。親が離婚する子どもは年間24万人。本気で取り組むときだ。

==============

 ご意見をお寄せください。〒100?8051毎日新聞「記者の目」係/kishanome@mainichi.co.jp
【関連記事】

* 記者の目:離婚と親子のかかわり=反橋希美(大阪学芸部)
* ゴルフ:離婚のウッズ「前に進む」
* ウッズ選手離婚:成績低迷続き 復活に期待する声も
* ゴルフ:タイガー・ウッズ選手 正式に離婚を発表
* 親子が別れる時:離婚を考える 韓国の制度改革 養育費、面会…家裁が確認

毎日新聞 2010年8月31日 東京朝刊

テーマ : 家庭・社会・国の問題を考える
ジャンル : 福祉・ボランティア

NHK総合の「クローズアップ現代」:何故、親と子が会えないのか。離婚後の面会トラブル

9月8日(水)の夜7:30?7:56

NHK総合の「クローズアップ現代」で
先日のNHK大阪の「かんさい熱視線」が全国放送されます。
(BS2深夜0:15?0:41)

面会交流を取り巻く問題に関する番組です。

VTRやスタジオの演出が若干が変わる予定で、ゲストは小田切先生だそうです。

テーマ : 家庭・社会・国の問題を考える
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。