スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れ再婚について8

私的なこと…。

私の思いは、連れ子の父と母は何が有っても実父と実母子どもは自分の両親に愛され育まれて欲しい。わけがあって夫婦は離婚し、実母と私が結婚して、連れ子は実父とは暮らすことができなくなってしまったけど、変わってしまったのはそれだけで、実父との関係は変わらずにあってほしい。だから、実父を尊敬できる子どもに育ててあげたい。私は大人として、連れ子の養育のお手伝いをさせていただくけど、それは未来の社会に役立つ人材を輩出するため。自立した後は、実父を助けてあげて欲しいと願っています。

だから、私たち夫婦は、連れ子が実父と交流する時間をとても尊く感じます。そんな父子の関係を喜ばしく感じます。
そんな連れ子と、拉致されて自由に交流ができず、母親(元嫁)に私を嫌うことを強いられた我が子。
どちらの人生が幸せで、満たされたものなのか。
その人生の比較を、生涯私は綴ることになるでしょう。

子どもが、親の支配の仕方によって、こうも養育される環境が変えられてしまう。
その元凶は、特異な日本の単独親権なのです。
スポンサーサイト

テーマ : 親子関係
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。