スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090907 神戸新聞より 親子ネット関西

いつもお世話になっている仲間のグループ、親子ネット関西の活動が、新聞に掲載されました。

神戸新聞記事

???????????????????以下転載??????????????????

2009年9月7日掲載
「共同親権」求め署名呼び掛け 西宮など
離婚しても、子どもに会いたい…
共同親権を求め、署名活動する親子ネット関西のメンバーら(親子ネット関西提供)=西宮市内

共同親権を求め、署名活動する親子ネット関西のメンバーら(親子ネット関西提供)=西宮市内

 3組に1組が離婚を選ぶ中、子どもと会えなくなった親たちが単独親権をめぐって異議を唱えている。単独親権を採る日本では、親権を喪失した側が子どもに面会する権利が法的に位置づけられていない。共同親権が定着した先進各国からは異端視されており、親たちは「別れた親ともよい関係を保つことが子どもに必要なはず」と訴えている。(坂口紘美)

 「離婚してもわが子の養育にかかわりたい」「夫婦関係を解消しても親子は親子のままのはずです」

 阪急西宮北口駅周辺。共同親権や面会交流の実現を目指す「親子ネット関西」のメンバー約10人が署名を呼び掛けた。

 代表の坪木心吾さん(29)=姫路市=は「離婚が増える中、誰にも起こりうること。1人でも多くの人に実態を知ってほしい」と訴える。

 日本と違い、先進諸国は「共同親権」が主流。国連の子どもの権利条約は「児童の最善の利益に反する場合を除くほか、父母の一方または双方から分離されている児童が定期的に父母のいずれとも人的な関係および直接の接触を維持する権利を尊重する」(第9条3)とうたっている。

 逆に、日本は「両親の高い葛藤(かっとう)のはざまに、子どもを立たせないことが最善の利益」という裁判所の判例が定着しており、親権のない側から子どもを遠ざける傾向が強い。調停や審判では、監護の継続性が重視されるあまり、子どもが一方の親とすでに暮らしていれば、その親が親権者として認められることが多い。相手の同意なしに子どもを連れ去るのが後を絶たないのはそのためだ。

 坪木さんは長女と会えなくなって1年半が経つ。けんかが絶えない夫婦仲を見かねたのか、妻の両親が突然自宅を訪れ、妻と長女を連れ帰ってしまった。数日後、離婚届が送られてきた。

 現在、子どもの面会交流をめぐって調停中の坪木さんが別居後長女と会えたのはわずか2回。「連れ去られてしまう」「子どもの精神的動揺が大きい」と妻が面会を拒んでいるためだ。

 「外国なら誘拐罪だ。子どもを使って離婚相手に報復するような日本の法律はおかしい」と坪木さんは話す。

 3月、妻の実家近くの児童センターでやっとかなった2回目の面会で、1歳10カ月になった長女は坪木さんを指さし「パパ」と繰り返した。坪木さんは懸命に笑顔をつくった。「涙をこらえるので精いっぱいだった。娘にとって私はまだパパなんです。なぜ引き離されなければならないのか」と声を詰まらせた。

 「親子の面会交流を実現する全国ネットワーク(親子ネット)」(東京)が会員ら40人に昨年、実施したアンケートによると、離婚当初から子どもと会えている親は3人。29人は離婚後、一度も面会できていなかった。29人のうち6割以上は、子どもとの面会を相手に頼んだり調停を起こしたりしていたが、大半は解決していなかった。

 ◆単独親権と共同親権

 結婚中は両親が親権を持つが、離婚する場合、民法第819条は一方の親を親権者に定めなければならないと規定。離婚後の子どもの養育について定めた第766条には、親権を失った側の面会交流権が明記されず、離婚を機に親子関係が断絶するケースが少なくない。米国や欧州、中国などは、離婚後も子どもが双方の親と自由に交流でき、親も子の養育について権利と義務を分担する共同親権を導入。7月、西宮市議会は親子ネット関西が提出した共同親権を求める陳情を全国で初めて採択した。
スポンサーサイト

テーマ : 出来ることから始めよう!
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。