スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川村カオリさん死去

川村カオリさん離婚記事
→28歳で結婚、36歳で離婚。長女るちあちゃんの親権は川村さんが持っていた


失礼ながら、テレビを見ないので川村カオリさんという方をあまりよく存じておりませんでした。
たしか「翼をください」を歌っておられたかっこいい女性ですよね。
上記URLは、川村さんがお亡くなりになってからの報道でたどり着いた記事です。

闘病中も世の中の人々に夢と希望を与え続けておられ、立派に共同親権も実行されていたようですね。
離婚に至る経緯も共感します。
母として生きる決意をされていただけに、ご本人は大変悔やまれたことでしょう。

まさに親の鑑、アーティストとしてのみならず、妻として母親としてできる限りの努力をされた方だと思います。
こういう記事がもっと世間の引き離し加害者の目に留まり、少しでも見習ってもらえればなぁと思います。

ご冥福をお祈りいたします。(お千代)


スポンサーサイト

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

『共同親権の署名活動in西宮』

『共同親権の署名活動in西宮』
■日時:平成21年7月26日(日曜日)
■場所:兵庫県西宮市(阪急西宮北口周辺)
■集合場所:西宮北口駅の北の改札を出て北東の「アクタ西宮」に向かう屋根
      付き陸橋の中間付近
■時間:10:00?11:30
■持ち物:各自、バインダーとボールペンを持参してください。
※暑い中の活動ですので水分補給や帽子などお忘れなく。

■問い合わせ先:(坪木)090-7355-2346
            wakuyatai_1926@ybb.ne.jp
■主催:親子ネット関西
署名用紙はこちらで準備します。
どなたでも参加可能ですので、たくさんのご参加お待ちしています。


NAGANO事務局は都合により参加できませんが
ご都合がつく方はぜひご参加下さい。

テーマ : 出来ることから始めよう!
ジャンル : 福祉・ボランティア

昨年度の児童虐待、過去最多4万件超す 0歳児が5割弱

 全国の児童相談所が08年度に対応した児童虐待は、過去最多の4万2662件(速報値)に上ると、厚生労働省が14日、発表した。前年度より2023件増えた。子どもの安全確認のため、児童相談所は08年度から強制的に立ち入り調査できるようになったが、相談職員にはためらいもあるとみられ、実施は2件にとどまった。

 児童虐待の件数は、統計をとり始めた90年度から連続して増え続け、10年前の約6倍に。厚労省虐待防止対策室は「虐待そのものが増加しているほか、虐待に対する認識が高まり、通報や相談が増えている」とみている。

 また、07年1月?08年3月に虐待によって死亡したのは、115件142人。心中・心中未遂を除く73件78人のうち、0歳児が5割弱を占めた。母親に相談相手がいなくて孤立していたり、精神的問題を抱えていたりするケースが目立った。

 昨年4月の改正児童虐待防止法施行により、虐待が疑われる親が知事からの2度の出頭要求に応じない場合は、相談所が裁判所から許可状を取れば、警察の援助を受けて強制的に立ち入り調査できるようになった。

 強制的な立ち入り調査を実施したのは2自治体2件で、子ども計4人を一時保護した。うち1件は子どもを学校に通わせず、自宅アパートからは異臭がしていた。出頭要求などにも応じないため、大家から借りた合鍵で解錠、さらに金属製のドアロックも切断し、子ども3人を一時保護した。

 厚労省虐待防止対策室は「相談所職員のなかには強制的に立ち入り調査することに躊躇(ちゅうちょ)もあると思うが、子どもの安全確認・確保には効果があったと評価している。こうした制度の適用も含め、虐待対策に取り組んでいきたい」と話す。(高橋福子)


朝日新聞記事 2009年7月14日15時3分

テーマ : 家庭・社会・国の問題を考える
ジャンル : 福祉・ボランティア

親子の絆ガーディアン 四国&単独親権制度に反対する親の会主催の第一回講演会?

神戸親和大学教授、臨床心理家の棚瀬一代先生をお招きしての講演会。
親子の絆ガーディアン四国
第二部の「テーマ2 離婚と日米法制度の違い」
アメリカでも単独親権の時代が100年続いたがそうですが、その時代であっても法的に面会交流は保護され,隔週ごとの面会交流で金曜日から日曜日への宿泊が一般的であったのです。
つまり、単独親権でも良いけれど、子どもの育成を鑑みれば、最低でもその程度の面会交流は必要である。
それが20年以上前の話。
1970年代,米国裁判官は「両親が離婚別居して,監護権が一方の親に委ねられているときには,面会交流権は注意深く保護されなくてはならない。なぜなら監護権を持つ親は自分の地位を利用して,他方の親(別居親)に対する子どもの愛情を遠ざける危険性があるからだ」という判決を下したということです。
棚瀬一代先生は、別居親が子どもの養育に関わることは,子どもの利益・権利であると共に親としての重要な権利・義務でもあるから,親の権利としての視点も欠かしてはならない,とお話しになられました。

非監護親がしっかりと自分の権利を主張できる、そしてそれが認められる環境こそ民主主義であり、離婚後の子どもたちの権利の侵害に対する抑止力ともなるのだと思います。

テーマ : 親子関係
ジャンル : 結婚・家庭生活

第七回定例会開催のお知らせ

毎月恒例の定例会のご案内です。
当事者、離婚後の親子関係について悩んでおられる方、当事者でない方、どなたでも参加できます。
子どものためになる最善の方法を、一緒に考えてみたいと思います。
話すことによって、精神的に楽になったとおっしゃる方が多くいらっしゃいます。
堅苦しい会議ではありませんので、お気軽にお立ち寄りください。


イベント名: 親子ネットNAGANO第七回定例会  
開催日時: 2009年8月15日(土)14:15?16:15
場 所: あがたの森文化会館  小会議室(部屋番号2-4) 
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/buka/kyoikubu/shakaikyoiku/agatakaikansisetsuriyo/index.html
  住 所: 長野県松本市県3-1-1 (旧制松本高等学校)
  tel: 0263-32-1812(あがたの森文化会館)
公共交通: JR松本駅→松本周遊バス「タウンスニーカー」東コースで13分
        バス停:旧松本高校下車、徒歩すぐ
       車…長野道松本ICから15分
 駐車場: あり 
  会 費: 1人500円(会場費及び運営費)

※ 隔月で長野市と松本市での交互開催を予定しております。
(原則第3土曜日。奇数月:長野市・偶数月:松本市)

また、それ以外での開催希望についてはご意見を承ります。

参加される方は、ご一報いただけると助かりますが、基本的に連絡なしでも参加可能です。

テーマ : 親子関係
ジャンル : 結婚・家庭生活

離婚と子どもと臓器移植法改正案

臓器移植法:改正3法案 13日午後、参院本会議で採決
過日、第6回の定例会を開催しました。
その際、京都から遠路お越しいただいた方からの問題提起で、ゾッとした事がありました。
離婚後の養子縁組と親権を剥奪された非監護親との問題はかねてからお話していますが…。
「年齢制限(現行15歳以上)を撤廃したうえで家族の同意だけで臓器摘出が可能?」
ということはですよ、
離婚して、親権を持った親(A)が再婚。
再婚相手(B)と、親権を持った親(A)の子(C)が養子縁組をした場合、
子(C)の臓器移植について、家族の同意とは、再婚相手(B)と親権を持った親(A)ということになり、親権を剥奪された非監護親(D)は、我が子(C)の臓器移植について物申す権限もなく、非監護親(D)の知らぬ間に子(C)の臓器移植が行われうると言うことです。
知らぬ間に我が子の臓器移植が行われている!!
しかも、許可したのは血のつながりもない他人の養親!!

ではですよ、
再婚相手の養親(B)が子(C)を虐待し、脳死状態に陥ったとしましょう。
虐待の事実を伏して子(C)の臓器移植が養親(B)の許可によって行われるとしたら…。

もっと踏み込んで、臓器移植が商売となるならば…。
お金に困った養親(B)が、子(C)の臓器移植を条件に金銭の契約を交わしたとしたら…。

非監護親(D)、そして子(C)の無念はいかほどのものか…。

親権を持った親(A)が居る以上その心配はない?!
必ず(A)が居る保証はなく、居たとしても虐待をはじめとした、子どもの災難を防げなかった事件はいくらでもあります。

臓器移植法改正案。
これもまた、共同親権制度の導入なくしては、語れないのです。
こうした問題に目を向けること。
それが子どもを不慮の事件から守ることにつながるのです。

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

第六回定例会を終えて

今回も有意義な定例会となりました。
参加者の皆様、直前の開催告知にもかかわらず、遠方からお越しいただいた方、お忙しい中お越しいただいた方、皆様本当にありがとうございました。

来月は松本で開催予定です。

テーマ : 家庭・社会・国の問題を考える
ジャンル : 福祉・ボランティア

親子の絆ガーディアン 四国&単独親権制度に反対する親の会主催の第一回講演会?

神戸親和大学教授、臨床心理家の棚瀬一代先生をお招きしての講演会でした。
親子の絆ガーディアン四国
第一部の「離婚と子ども」
では,離婚が子どもに及ぼす影響を心理臨床の視点を中心として、その適応性に関する実証研究の成果や,再適応への課題,親の離婚を経験した子どもの反応の発達段階ごとの特徴が示され,解説されました。
必ずしも離婚自体が子どもの成長に悪影響を及ぼすのではないこと。
確かに、若干、親の離婚を経験した子どもにハンディはあるものの、それほど大きなものではないこと。
この点においては多くの離婚関係者がホッとするところだと思います。
しかし、やはり親の離婚が子どもの成長に悪影響を及ぼすと言わざるを得ない原因がはっきりとありました。
それは、両親との交流のあり方です。
つまり、両親との健全な交流が保たれている子どもは、健全な成長を遂げやすいのですが、
両親との健全な交流が保たれない子どもは、不健全な成長を遂げやすい
そして、両親との健全な交流が保たれないのは、親の離婚を経験した子どもに多いということです。
連れ去り・引き離しがなければ、離婚は有効に働く場合もあると言うことなのです。
逆に言えば、子どもにとってBetterな状態を維持するために離婚やむなしの考えはあるのでしょうが、
離婚したにもかかわらず、夫婦関係を清算できずに、子どもに対して両親との健全な交流を子どもに保障できない離婚というのは、子どもにとっては迷惑他ならない話であり、対抗手段のない子どもにとって、それは一方的な虐待なのです。
これらの子どもの被害に対する社会的認識が進み、離婚家庭に対する体制的ケアがより早くからなされた欧米においては、離婚による子どものこうした被害は、日本とは比較にならないほど低いといいます。

テーマ : 親子関係
ジャンル : 結婚・家庭生活

第六回定例会開催のお知らせ

毎月恒例の定例会のご案内です。
今回は会議室の都合上、第二土曜日となります。
期日間際のご連絡で、大変申し訳ございません。
当事者、離婚後の親子関係について悩んでおられる方、当事者でない方、どなたでも参加できます。
子どものためになる最善の方法を、一緒に考えてみたいと思います。
話すことによって、精神的に楽になったとおっしゃる方が多くいらっしゃいます。
堅苦しい会議ではありませんので、お気軽にお立ち寄りください。

イベント名 : 親子ネットNAGANO第六回定例会
開催日時: 2009年7月11日(土) 14:15?16:15
場  所: 長野市もんぜんぷら座 3階301会議室  http://www.monzen-plaza.com/index.html
tel/026-219-0020 〒380-0835 長野県長野市大字南長野新田町1485-1(旧ダイエー跡地)
* JR東日本長野駅善光寺口より徒歩約10分
* 長野電鉄長野線市役所前駅より徒歩約3分
* 上信越自動車道須坂長野東ICより約20分
駐車場は「鍋屋田」「TOIGO」の指定有料駐車場を利用すると、3F事務局にて
1時間に付き200円⇒100円(1時間当たりで、割引は2時間まで。)の利用者割引を受けられます。
少し歩いても良い人は、県庁の駐車場に車を止めればタダです。
会  費:  一人500円(会場費及び運営費)
※ 隔月で長野市と松本市での交互開催を予定しております。
(原則第3土曜日。奇数月:長野市・偶数月:松本市)

また、それ以外での開催希望についてはご意見を承ります。

参加される方は、ご一報いただけると助かりますが、予約なしでもOKです。

テーマ : 親子関係
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。