スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外のお友達から「おばあちゃんをお母さんと思っている」

海外のお友達が、離婚して、お母さんが出て行ってしまった日本の知人家庭でのことを話してくれました。

『息子さんはおばあちゃんをお母さんと思っていると。。。
もう10歳ですよ。。。。

で、「ちょっと悲しいね。。。」というと、
「だって、知らないから今はこれでいいんです。将来的に考えるときは来るだろうけど。。。」
(しかも、母親がどこにいるのかわからないそうです)

なんだかね・・・・・

確かに、知らない=わからない=おばあちゃんを母だと思っているとすれば、
子どもは彼の今の時点では”よい”かも知れないですが。。。。
離れていても、どんな母親であろうが、やはり”教えてあげる”状況の方が
彼の為にもなるのかなぁとも。。。

母親に関しては、自業自得かとも思いますが。。。。
勝手に出て行ったと聞いているので・・・ 
彼女が子供に会えずに苦しむのには問題ないと思いますが、
(というか、この母親は面会したいとも言ってきていないようだし)
子供がそれに巻き込まれるのはおかしいと・・・

その辺は、本当によくわからないですが・・・・・・
こればかりは、家族の生活環境とかにも関係してくるでしょうから。。。。どういう環境が良いのか?
(おばあちゃんが母親でいいのか??)本当に判らないのですが。。。
(父親の事を全く知らずに育った元同僚の事をこの息子さんにダブらせて思い出してしまいます・・)』


私が小学生のころ、とっても歳を取ったおばあさんみたいな人を「お母さん」と呼ぶ友人がいて、皆が不思議がっていました。…あれもそうなのかなぁ…。
その後の彼がどうなったか、あまり言うべきではありませんし、話すのは気の毒です。

子どもの権利条約第7条1 児童は、出生の後直ちに登録される。児童は、出生の時から氏名を有する権利及び国籍を取得する権利を有するものとし、また、できる限りその父母を知りかつその父母によって養育される権利を有する。

スポンサーサイト

テーマ : 親子関係
ジャンル : 結婚・家庭生活

オランダの児童相談所の面会交流支援

オランダの児童相談所は、離婚後の親子の面会交流の支援をします。
その、オランダの児童相談所の話です。

どんな親でも子どもに会う権利はあり、子どもは親に会う権利はあります。
虐待親であろうが、ドラッグ、アル中、犯罪者・・どんな親でも、子どもとの交流は必要だと考えます。
勿論、こうした問題のある可能性を持つ親との面会には、はじめは条件をつけます。
*児童相談所職員が立ち会う
*しらふで来る事(お酒もドラッグもせずに来る事)
*勝手に連れ出さない事 
等々です。。。

日本には、親と子どもの面会を促進させる機関が少なく、さらには機動的に動けません。これも大きな問題でしょうね。

児童相談所で良く聞かれる、子どもを親に会わせない親の言い訳には
*子どもが会いたがらない
*会うと、子どもの精神状態に良くない可能性がある
というのがあります。

しかし、オランダの児童相談所は、子どもがもしこう言ったとしても”子どもを説得”して、親と会うように勤めます。

日本ではこうした言い訳が会わせない理由として成立します。
日本には、子どもをより本来あるべきだった環境に近い状況に戻してあげようという、”技量”も”考え”もないように思えます。
日本ではなぜ親から子どもを離すことを認め、面会・交流を促すことはしないのか?
それでは、親から離された子どもが背負う精神的な不利益は全く無視されています。
親と子を離した場合、長い目で見て、”必要としている親がいない” ”何かが失われている”時期を過ごす事になり、将来犯罪に走ったり、社会性が欠如するといった面が出てくると言います。

親と会えない・・・・  家に帰りたいと言っても駄目・・・・ 電話も駄目駄目・・・・ いつ会えるかもわからない・・・
こんな脅迫的な環境において子どもの精神的安定が図れるのでしょうか?
こんな基本的な事、、、、、日本人は判らないですか???

日本では、引き離されている親はみんな裁判だけで頑張っているのでしょうか?
国自体が、もっと真剣に離婚後の子どもの環境を考えないと、取り返しのつかない事になる。。。

日本では1/4の子どもが成人するまでに両親の離婚を経験する。
離婚により一方の親と会えなくなった子どもが1年に16万人。
それだけの子どもが家族愛を知らない子ども達となっている・・・
そんな将来でいいのですか???
日本はもっと国が真剣に子どもの事を考え、子どもをサポートできる環境を整えるべき。。


⇒オランダの児童相談所の姿勢は、全く子どもの権利条約に則ったものですよね。
子どもの親との交流の権利を剥奪することは、子どもへの虐待と判断されます。
そういった理由からも、児童相談所が面会交流に関わるのでしょう。

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。