スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「離婚や別居で子供と離れて暮らすお母さんたちへ」女性当事者アンケートにご協力お願いします。

以下は当事者仲間の女性団体「子供と離れて暮らす母親のつどい」のブログから転載です。







秘かに関西女子部で計画してきましたが、一般リリース開始間近となりました。
一人でも多くの皆様にご協力頂けたらありがたいです、
宜しくお願いいたします。
関連コミュでも近々お知らせしたいと思います。


以下ブログ本文より

こんにちは。
関西の親子引き離し問題女性当事者有志グループ「子供と離れて暮らす母親のつどい」からのお知らせです。
このたび、私達は「離れて暮らす子供たちへ…母親からのメッセージ集刊行」「親子引き離し問題 女性当事者アンケート」を実施することにいたしました。

近頃、親子引き離し問題に取り組む当事者グループが各地で活動し、「離婚後の共同親権」「ハーグ条約批准」についてマスコミで取り上げられる機会も増えてきました。
しかし、この問題を経験したことのない方には、この問題の深刻さはなかなか伝わらないようです。
そこで私達は、「子供と引き離されるのは父親ばかりじゃなくって、母親もいるのですよ」という事実をアピールすることが必要だということに気がつきました。
「子供と離れて暮らす母親」は少数派であるが故に、偏見の目で見られがちです。
ただでさえ子供と引き離されて苦んでいるのに、偏見によって更に悩みを大きくすることにもなります。
また、長年経っても回復できない心の傷に苦しめられる女性当事者が一定数以上存在していることもわかりました。
男性当事者は数も多いのですが、女性当事者はそのような理由でなかなか声を上げられず、一人で孤立し苦しみ続ける方もいらっしゃるようです。

離婚や別居で子供と離れて暮らすお母さん、そのような事情で子供たちと自由に会えない環境下にあるお母さん方のご協力をお願いいたします。
現在の当事者だけでなく、過去にそういう経験をされたことのある方からの声もお聞きしたいです。
また、そのような経験のある女性の方であれば、年齢は問いません。

アンケートとメッセージ集は同時募集で実施いたします。
回答募集期間は7月1日から8月31日までとさせていただきます。
秋頃には結果をまとめ、刊行を目指したいと考えています。
一人でも多くの方にご協力を頂きたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。



http://popottona.cocolog-nifty.com/
スポンサーサイト

テーマ : できることから
ジャンル : 福祉・ボランティア

ハーグ条約と国内法整備についての緊急アンケート

ハーグ条約についてのアンケートを共同親権運動ネットワーク(Kネット)が
衆参両院議員全員に出しました。
地方にいる私たちは中央の方々に頼らざるを得ない部分が多くありますが、
せめて応援し、見守りたいと思います。 348

ハーグ条約と国内法整備についての緊急アンケート
 
 新国会が開会し、議員のみなさまにおかれましてはご多忙なことと存じます。
 私たちは子どもに会えない親のグループです。離婚後の共同親権・共同子育て、
親子の面会交流の法整備を求めて活動しています。
10月16日、米国のジョン・ルース駐日大使ら8カ国の大使らが、法務省に千葉景子法相を訪ね、
国際結婚を巡る紛争解決のルールを定めた「国際的な子の奪取の民事面に関するハーグ条約」
(ハーグ条約)の締結を要望しました。
この条約は、離婚などによる国境を越えた移動自体が子どもの利益に反し、
子どもを養育する監護権の手続きは移動前の国で行われるべきだとの考えに基づき定められた、
国際協力のルールです。子どもを連れ出された親が返還を申し立てた場合、
相手方の国の政府は元の国に返す協力義務を負うことになります。
G7中日本のみがこの条約に加盟していません。
福岡で起きたアメリカ人父親の子どもの連れ去り事件が、この条約加盟の議論が高まるきっかけでした。私たちは国内における離婚後の共同子育てや面会交流の保障が、このような事件の防止に必要だと思っています。日本では離婚すれば子どもと会う保障がないため、子どもと暮らすために子の連れ去りが助長されます。アメリカ下院は今年3月、ハーグ条約未加盟国に加盟を求める決議を全会一致で可決しました。アメリカから同条約未加盟国に連れ去られた子どもは455人で、うち日本が101人で最多となっています。
私たちは、条約の批准だけや、国境をまたいだ子の返還のみの法整備では、この条約に対応できないと考えています。離婚後も「原則」親子が交流でき、共同子育てが可能な法整備が、ハーグ条約の趣旨に適い、また国内の離婚時の子どもの連れ去り、離婚後の面会拒否の問題の解決に向けても必要だと思います。
以下、議員のみなさまのご意見をいただきたいと思います。
今後の適切な親子関係の維持のために、ご意見を参考にさせてください。
アンケート結果は、当団体のホームページ(http://kyodosinken.com/)にて公表させていただきます。ご協力よろしくお願いします。

お名前                   所属政党・会派        ( 衆・参 )
Q1 ハーグ条約に日本が加盟することに賛成ですか。
□ 賛成  □ 反対  □ わからない
Q2 ハーグ条約に対応するために、国家間の子の連れ去りに対応するための子の返還手続きを定めた国内法整備に賛成ですか。
□ 賛成  □ 反対  □ わからない
Q3 ハーグ条約に対応するために、離婚時の子の連れ去りや離婚・別居後の面会拒否の問題を解消する必要があると思いますか。
□ ある  □ ない  □ わからない
Q4 離婚後に一方の親が親権を失う単独親権制度は親権のない親の子どもの養育への関与を保障せず、離婚時の子どもの奪い合いを過熱させるという意見があります。離婚後の共同親権(G7諸国、欧米諸国は多く共同親権制度に移行)や面会交流に向けた法整備に賛成ですか。
□ 賛成  □ 反対  □ わからない。

その他ご意見(                                      )

質問への回答は11月13日までに以下までファックスでお寄せください
共同親権運動ネットワーク FAX 042?573?4010(スペースF)
東京都国立市中3?11?6スペースF内 担当 植野 史(090?4964?1080)
 

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

面会交流についての家裁の運用改善についての公開質問状《kネット・共同親権運動ネットワーク》

私たちの賛同団体、《kネット・共同親権運動ネットワーク》が、東京家裁に向けて、以下のような公開質問状を出しました。
今後、各家裁に郵送する予定です。

2009年8月25日
東京家庭裁判所所長様
東京家庭裁判所の職員のみなさま
面会交流についての家裁の運用改善についての公開質問状

〒186?0004
東京都国立市中3?11?6スペースF内
共同親権運動ネットワーク(kネット)
T・F 042?573?4010
共同代表 植野 史、宗像 充

 私たちは離婚・離別にともない、子どもと会えなくなっている親のグループです。
昨年より、共同親権・共同子育てが可能な法整備を求めて立法府に働きかけてきたほか、意味のある面会交流(面接交渉)が実現するように、東京周辺の家庭裁判所を訪問し、たびたび家庭裁判所の運用の改善を求めてきました。
しかし、私たちが指摘してきた諸点について、実務面で家裁が別居親子の人権に配慮した改善を目に見える形で行ってきたという報告は、私たち当事者団体には寄せられていません。
 そこで私たちは、家裁の運用面での改善に向け、家裁がどのような意向を持ち、どのような問題を抱えているのかを調査するための公開質問状を全国の家裁の所長向けに提出します。同時に、このような質問が行われていることを周知するために、あて先には家裁の職員も含めるほか、当会のHPおよびブログで質問状の内容を公表します。
 また、各家裁からの回答もHPおよびブログで公開するほか、回答のなかった家裁についても、「回答なし」と表示して結果を公表します。
 別居親子の人権救済に向けて、人権救済機関である家裁の主導的な役割を期待するとともに、誠意ある回答をお待ちしています。
 回答は、9月30日までに郵便にてお寄せください。

質問1 家裁での面会交流の取り決めとその違反について、「強制力がない」ため調停や審判においても、家裁が合意に向けて積極的な役割を果たしてくれないという意見があります。一方、履行勧告や間接強制、慰謝料請求などの手段が「強制力」として機能するという意見があります。貴裁判所は、面会交流の取り決めとその違反について、「強制力」が実際にあると思いますか。

質問2 裁判所の職員の中に親の離別後の子育てについて「子どもの福祉」についての統一的な見解がないため、家裁でさまざまな理由で面会交流が制約されるという意見があります。他方、裁判所のホームページでは、家裁のプレイルームについて触れた文章の中で、面会交流について肯定的な見解が述べられています。貴裁判所は、「原則的に親の離別後も意味のある面会交流をすることが『子どもの福祉』にかなう」という意見について、どう思いますか。

質問3 家裁のプレイルームで行われる「試行面接」について、親子関係を家裁が試すという点で「試行面接」という名称の使用をやめてほしいという意見があります。また、マジックミラー越しに同居親が別居親子の様子を伺うことについて、別居親には強い抵抗があり、人権侵害であるという批判があります。貴裁判所は、「試行面接」という名称の使用、および家裁で行われる面会交流のあり方について、改善の意思がありますか。また改善の意思のある場合、どのようなやり方を考えていますか。
 
質問4 家裁は一度目の親による子の連れ去りについては不問とみなし、他方2度目の子の連れ去りについては問題視するため、調停の期間中、トラブルを恐れて面会交流はしないという慣行が家裁にはあるという意見があります。そのことが現状維持を肯定し、監護者指定の判断を公平なものにしていないという批判もあります。他方、親どうしの葛藤の高まり、親の離別にともなう子の負担を考えると、調停中も面会交流がなされるべきだし、親による子の連れ去りについては、家裁がそれを肯定すべきではないという意見があります。このような意見について貴裁判所はどのように考えますか。

質問5 面会交流については、調停の期間が長引けば別居親子の関係に悪影響があり、子への負担が大きくなるため、なるべくその期間を短くすべきという意見があります。この点について、貴裁判所はどのように考えますか。また別居親子の引き離しの期間を短くするための運用の改善をする意思がありますか。その場合、どのような取り組みがありますか。

質問6 面会交流を円滑に実施するため、最高裁の作った面会交流についてのDVDを家裁では用いていますが、その活用の仕方は恣意的であるという意見があります。今後、面会交流を円滑に実施するためにDVDの活用ほか、別居・離婚に望むカップルにどのような親教育をすることを考えていますか。また、それが可能になるために、家裁職員にどのような研修を現在し、今後する予定ですか。

質問7 離婚や面会交流の調停の申し立てに対し、監護親が調停に出席しないため調停が実施できなかったり、あるいは、調査官調査について調査官が監護親の側の調査しかしなかったり、その調査のあり方も監護親の聞き取りのみしかしなかったり、家裁の運用が監護親を優先し、公平ではないという批判があります。このような意見について貴裁判所はどのように考えますか。また、そのような批判に対して、今後研修等何らかの取り組みをする用意がありますか。

質問8 「開かれて身近な」家裁を実現するために、今後、別居親当事者の意見を貴裁判所の運用面で生かす意向はありますか。また、もしその意向があるなら、どのような方法を考えていますか。

東京家裁申し入れ 第1回

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

kネットへの賛同のお願い(お知らせ)

親子ネットNAGANOも活動を賛同している、kネット・共同親権運動ネットワークより広報の依頼がありましたので、おしらせします。

┏┏┳───────────────────────────────
┣☆┫?.kネットへの賛同のお願い
┗┛┻───────────────────────────────
kネットは、「親子の面会交流を実現する全国ネットワーク」の活動を引き継ぎ、発展させるために生まれました。
親の離別後の家族関係の不平等に目を向けることで、親子の面会交流が当たり前になる社会の実現を目指しています。「賛同呼びかけ」をお読みの上、ぜひ私たちの活動にご協力ください。
━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━
「kネット・共同親権運動ネットワーク」への賛同呼びかけ
 私たちは、別居親子の原則交流と子どもの成長への関わりについて、実質的な親どうしの平等が確保されるための法整備、社会制度づくりを目指しています。
 また同時に、正当な理由なく引き離された親子の人権を救済し、その後も豊かな交流を持ち続けられるための情報提供、相互支援を行います。
 それを私たちは  「共同親権運動」  と呼びます。 
 親子の交流が絶たれている現実を知ってほしいという一年間の私たちの活動によって、社会はようやく会えない親子の存在とその原因に目を向けはじめました。
 その活動の結果、ただ子どもに会えればそれでいいのかという問いを私たちは改めて考えました。同居親の意向に左右されるばかりの面会交流の実現では、子どもの成長にかかわりたいという私たちの希望は必ずしもかなえられません。 
 一年前私たちは、親が子どもに会えない場合、会えない親に原因があるとみなされることについて、それを差別であると指摘しました。私たちはその指摘のもとになされた親子交流の実現運動を引き継ぎ、親どうしの関係の不平等、子どもが親から育てられる機会の不平等の是正を運動の課題の
中心に据えたいと思います。 
 同居親が子どもと別居親との交流をいかようにも決めていいというルールは依然として変わっていません。婚姻中の共同親権時においても子どもの連れ去りが容認され、一方の親の法制度上の権利すらやすやすと侵害されます。事実婚カップルも含めて、法律は離別後の親子関係を保障しないばかりか、裁判所を筆頭に、法の運用は毎年多くの親子を引き離し、悲劇を生み続けています。離婚家庭の子どもたちの差別や不利益が解消に向かっているということもありません。 
 こういった状況を改善するためには、離婚後の親子関係のルールとして、「原則交流」が世の中で当たり前になる必要があります。また同時に、子どもが双方の親から育てられる権利が確保されるためにも、私たちは親どうしの関係の「実質平等」を掲げたいのです。 
 私たちは、悲劇を生み出す法と社会のあり方を変えるために、いっそう声を上げていきます。そして、親子の引き離しを人権問題と位置づけ、「原則交流質平等」を親どうしが別れた後の共同子育てのルールにするための  「共同親権運動」  を進めていきます。
 賛同と協力をよろしくお願いします。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
「共同親権運動ネットワーク」  
 〒186-0004
 東京都国立市中3-11-6スペースF内
 TEL&FAX:042-573-4010
 mailto kyodosinken-owner@yahoogroups.jp
 □共同代表 植野 史 ・ 宗像 充
■【賛同金のお支払い方法】
  1)郵便振込み(00130?5?472679 加入者名:kネット)にて、
    上記会員費をお支払いください。
    (賛同金は1年目の会費として参入されます)
  2)直接手渡し
   賛同会員費のお支払いについては、会員に直接の手渡しでも受付
   いたします。
   また、イベント会場でのお支払いも可能です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

「Kさん親子面会謝絶審判」に対する抗議声明

Kさん親子面会謝絶事件
親子ネットNAGANOでは、この問題に対して緊急声明を出します。

●「Kさん親子面会謝絶事件」とは
Kさん(41歳)は、2007年9月に別居後、2008年3月に離婚。当時3歳の息子の親権者は母親とな
りました。婚姻中、Kさん父子は仲がよく普通の親子として過ごしてきました。しかし、その後母親はKさんに
会ったり考えたりすると、母親自身が体調を崩すということを理由にKさんと子どもとの面会を拒否しました。Kさんは母親と会うことを求めているわけではないのです。
子どもへの虐待があるわけでもありません。現在に至るまで1年半もの間、子どもとは会えないままです。
別居時の調停中、裁判所からKさんは、母親が主張した母親自身の精神的な病状について、「離婚すれば落ち着くのではないか」、だから離婚してから子どもとの面会交流を決めればよいとアドバイスされました。しかし今年、2009年3月3日、さいたま家裁茂木典子審判官は、やはり母親の病状を理由に、Kさん親子の面会を認めず、父子の交流は1年間にたった3回の母親からの写真の送付だけでよいという、今時びっくり仰天の不誠実な決定を出しました。

《以下、親子ネットNAGANO声明文

「Kさん親子面会謝絶審判」に対する抗議声明


「Kさん親子面会謝絶審判」に対する声明
 
さいたま家裁の茂木典子審判官は、
Kさんの子どもとの面接の申し立てについて、
間接的な面接交渉」としてわずか年に3回の写真の受け取りを「相当」と述べました。
私たちは、Kさん親子の父子関係を絶った、さいたま家裁の審判結果に抗議します。
子どもの権利条約にも謳われているとおり、子どもには離婚・別居後も両方の親から養育を受ける権利があり、両方の親には子どもを養育する権利と責任があります。そもそも、このような面接交渉の制限を設けるにあたって、何が児童の最善の利益に反するのかが、私たちには全くわかりません。
あらためて述べるまでもなく、離れて暮らす親に子どもとの交流を保障するのは、子どもを引き受けた側の責任です。本来であるならば、精神的な病状の母親に子どもを監護させて、子どもが父親を失うよりも、父親に監護させて子どもには両親を失うことの無いように配慮するべきです。
心身の発達の早い児童期における健全な発 達課題の達成のためにも、頻繁な両親との交流がより重要です。
そもそも今回の離婚調停においては、別居時の調停に際し、母親の精神的な病状について、「離婚すれば落ち着くのではないか」と裁判所自体がKさんに離婚を勧めた経緯があります。それを審判においては、母親の病状を子どもの福祉に優先させて、裁判所は親子関係を絶ちました。
茂木典子審判官は、もしも自分が我が子と年3度の写真の受け取りの面接交渉しか認められなかった場合について、思いを馳せることはできなかったのでしょうか。
今回の審判の決定は、全く他人事であるが故の無責任な決定と言わざるを得ません。
裁判所は今回の無責任な決定を反省し、すぐにこの決定を取り消してください。
それ無くして、裁判所はどうやってKさん親子の生涯に責任を負えるのでしょうか
2009年4月5日
親子ネットNAGANO

賛同いただける方は、件名を『抗議声明賛同』として、「お名前(仮名可)」「肩書き(会社員、など)」を記入のうえ、以下にメールをお送りください。
toukaikariya@yahoo.co.jp
FAXでも受け付けています。
★ 集約先 FAX 042?574?0930(宗像)
★お名前(仮名可)はホームページ、チラシ等で公表し、裁判所に提出します。
 応援者が少ないと、裁判所は耳を傾けません。
 ぜひご賛同おねがいいたします。

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

一豊&お千代

Author:一豊&お千代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Twitter ブログパーツ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
もらって嬉しい贈り物♪
父の日・ギフト・花束・母の日
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。